うまい息抜きと、妥協できない瞬間。

2016-09-21-23-44-21マンゴースムージーと、ノクチャラテ(緑茶ラテ)です。

大好きな友達と一緒にカフェで一休みして来ました。

韓国に来て、慣れないことばかりですが、子育てもなれないことばかり。

旦那や、義理のお母さんと価値観の違いから、自分のやっていることに理解をしてもらえないこともあるし、子供を育てながら、家事をパーフェクトにこなせないことも、やはり大きなストレスになって、心が折れそうな日も度々です。

みんな仕事をして家に帰ってきて、家で私のできていない部分に対して寛容に慣れない部分があるのだろうとは思うのです。なんせ外で働いて本当に疲れて帰ってくるわけだから。

だとしても、やっぱり苦しいものは苦しいし、たまるもんは溜まる!

ストレスが溜まって、カリカリすると、子供にも良くないし、だからうまく息抜きしなきゃいけませんよね!

私の場合は、教会で奉仕もしているので、それとの両立もなかなか大変なんです。

でも言い訳は誰にもすることはできません。

なぜなら自分が望んでやっていることだから。

今日も朝眠くて、子供と一時間だけ寝てしまったんですが、それも後になってすごく後悔しました。

その一時間であれもこれもそれもできる。

人生は短い。

眠い、休みたい、そんな思いにいつも負けてしまう自分に喝をいれ、

またうまく息抜きはするけれど、負けてはいけないその瞬間を見逃さないようにしたいな。

奪われたファーストバイト!

20160831_111650子供の離乳食がはじまりました!最初は米からはじめるんですが、米粉が簡単だと言うので、インターネットで二キロ米粉を購入!

配送費込みで1000円くらいでした。米はまずふやかしてー、形がなくなるまでにて、さらにこして、とかなり時間がかかるんですよね。

そのため最初の段階で大量に作っておいて、冷凍。

そこまでするとかなりの労力ですよね!

ですが、米粉を使うと一分で完了しちゃうんです!!

分量分入れて、火にかけるだけ!

材料が夕方到着し、食器類も揃え、よし、明日の朝から早速挑戦!

っと思っていた矢先、お母さんが仕事から帰宅。(義理のお母さん)

材料が届いたのを発見し、今食べるかやってみようと、さっさか米粉から、粥をこしらえて準備してしまいました。

韓国のおばちゃんたちはかなりの行動派であるため、やりたいことは即座にやってしまいます。あまり考えずに行動に移すので、本当にいつもびっくりしてしまいます。

何か買いに行きたい時も、市場まで遠くたって、思い立ったらすぐ出かけてしまいます。いやー、腰の思い私にとっては尊敬に値することですけど。会いたくなったら、すぐに出かける、いつでもうちにやってくる 笑

前もって約束なんて文化は存在しないのです 笑

さすがに私も、初めての子供に初めての人匙を食べさせてあげたい!

そう思っていました。

お母さんは作ったあとに、まゆみがあげたらいいから!なんていっていたので、油断をしていたのでした。

初めての事なので、旦那も、義理のお父さんも見るように声をかけて、さぁ食べさせようとなった時に、お母さん、そのままてゆりの可愛い口に、スプーンをもっていってしまった!!

あーっ(涙)

私があげたらいいっていったくせに…

お母さんは、子供が食べるかどうか試してみたかったのです。

なんとなく、わかってはいましたよ!

この結末…

でも私は大人なので、お母さんに、かわいい孫の初めての一口を譲ってあげたんだい!

泣きそうになる思いを必死にこらえて、その後過ごしましたが、夜も眠れない位悔しかった(涙)

でも私は大人なので、しばらくしたら眠りにつきましたけどね〜

私の幸せな時間の過ごし方

20160811_154210

今日は大好きな友人が久しぶりに家に遊びにやってきました!

毎週一回は必ず会う仲なんですが、彼女が英語の出張授業で長く不在だったのです。

多文化センターで知り合った彼女はアメリカ出身の黒人の女の子。

お互い韓国語も十分にできない中でも、いつだって、お互いを尊重し合い、幸せな時間を過ごすことのできる、本当に貴重な友人の一人です。

彼女は、赤ちゃんのいる私を手伝いたいと、家に遊びにきてくれるのです!!

昼ご飯を作って一緒に食べるんですが、昼ごはん作りにも、力が入ります。一人で食べるより俄然美味しい!!

うちのてゆちゃん(あかちゃん)をこよなく愛し、おむつも変えてくれるし、よくあやしてくれます。本当にありがたい!

お腹にてゆがいるときから、誰よりもお腹を撫でて、声をかけ、愛してくれたのが彼女でした。

そんな彼女と、お友達の旦那さんの経営するカフェへ!

かなり広々として、木造のあったかい空間。

食器なども、カラフルで可愛いものを取り揃え、小ぎれいに整然とディスプレイされている。

個室もあり、そこで教室をしたり、会議をすることもできるのだ!

手作り商品の物販もあり、定期的に立ち寄りたい、ありがたい空間。

グレープフルーツエイドを頼んでみたけど、苦味のあるすっぱさと、炭酸で、かなりリフレッシュできた気がする。

カフェの主人も私たちの下手くそな韓国語、英語混じりのへんてこりんな会話の中に混ざり込み、

韓国人(そこの主人は韓国人)、日本人の英語の発音の悪さをお互い認めながら、その子に英語が通じないたびに爆笑が起きるのでした。

こういった国を超えたコミュニケーションの時間もとても心を平和にしてくれる、本当に尊い時間です。

今度は何を頼もうかな!

次来るのがまた楽しみです^^♡